成人病とは?

成人病とは、もともとは昭和30年代に提唱された概念から生まれた言葉です。その概念とは、ガン、脳卒中、心疾患のみっつを主として、40歳前後から死亡率が高くなり、しかもすべての死亡原因の中でも上位を占め、40代から60代の働き盛りの人に発症率が高い疾病と言うものであり、加齢と共に罹患の可能性が高くなると言う意味合いが込められていました。ですからここで言う成人とは、20歳のことを指すのではなく、それ以降の壮年のことを指しています。そしてこの概念をもとに、1955年頃から国がこの言葉を、国民に対して早期発見や予防を呼びかける目的で使い始めたとされています。しかし、現在では成人病は生活習慣病と言う名称に変更されています。これは何故かと言うと、成人病に該当する疾患は、加齢によって罹患する可能性が高くなることは確かだが、一方で生活習慣の積み重ねが非常に大きなウエイトを占める疾患でもあると言うことが明らかになったためです。成人病のリスクを高める生活習慣要因としては、ストレス、喫煙、不規則な生活や栄養バランスが過度に偏った食事などが挙げられます。そしてこうしたことを踏まえた上で、成人病でもある脳卒中や心疾患のリスクを高める高血圧や、大人だけではなく子供にも罹患が見られる糖尿病などが、現在では生活習慣病に該当しています。ですから、現在において成人病とはどんな病気かと問われれば、加齢よりも生活習慣の積み重ねが大きな発症原因にもなり得る病気と言うことができます。ガン、脳卒中、心疾患の、もともとから成人病に該当していた疾患は、昔も今も、日本人の死亡原因の上位を占める病気です。しかしその中でも特に脳卒中、心疾患に関しては高血圧が非常にこの疾患リスクを高める要因として危険視されています。ですから成人病は勿論のこと、それも含めた生活習慣病全般を予防していくと言う意識を持つことが大切です。

成人病がもたらす重病

生活習慣病(成人病)とは、好ましくない生活習慣を繰り返すことで引き起こされる病気のことであり、自覚症状がないまま少しずつ進行していくという特徴があります。そのため数年から数十年経過した後、病気となって症状が現れていくことになります。自覚症状はほとんどないため、体調不良で病院に行った時には既に合併症などを引き起こしていることもあるということです。特に中高年は体の機能が衰えますし、免疫力が低下することで生活習慣病(成人病)によるさまざまな病気も発症しやすくなります。ちなみに、少し前までは成人病と呼ばれることが多かったのですが、今では生活習慣や様式の変化によって若い人でも発症することが増えたため、生活習慣病と呼ばれることが多くなりました。つまり生活習慣病は年齢には関係なく発症する危険がある病気であり、普段からの生活習慣に気を使って予防していくことが大切です。生活習慣病はがんや糖尿病、高血圧、心筋梗塞、脳卒中などさまざまな病気と関係しており、もともと生活習慣とは関わりのない病気の方が少ないと言えます。現在では日本人の3分の2が生活習慣よって引き起こされた病気で亡くなっているとされており、健康で長生きするためには生活習慣を改善していくように心がけましょう。生活習慣病の主な原因としては、偏った食生活や運動不足、睡眠不足、ストレス、喫煙、過度の飲酒などが挙げられます。また、これらの原因にいくつか当てはまり、それが長く続くほど生活習慣病を引き起こしやすくなると言われています。特に食生活に関してはここ数十年で劇的に変わっており、好きなものばかりでなく野菜などのしっかり摂取してくようにしましょう。

成人病の治療と予防方法について

ガン、脳卒中、心疾患のみっつを、従来の解釈では成人病と呼びます。しかし成人病は、現在では生活習慣病と言う名称に変更しています。ですので、こちらの言葉で解釈する場合は、ここに更に高血圧や糖尿病などが含まれます。これらの疾病の治療に関しては、その程度によって差があるのが特徴です。ガンでも、初期の段階であれば投薬や放射線療法、またその部分だけの切除と言った治療法がとられます。しかし他の部位に転移しているとなると、治療法は限られていきます。脳卒中などの脳血管疾患の場合、発症後、速やかに医療機関にかかった場合は、血栓を溶かす薬を飲むことで治療できる場合もあります。しかし多くの場合は、開頭を伴う外科的手術や動脈への対応が必要になってきます。脳卒中は、治療が遅れると言語障害や認知機能障害などの重篤な後遺症が引き起こされる場合もあります。そして心疾患も薬物投与、またはカテーテルを使用した手術を伴う治療が一般的です。発症が命の危機に直結するようなこのみっつに比べて、高血圧や糖尿病は、じわりじわりと長い年月をかけて体にダメージを与えていくような状態、症状であるのが特徴です。そのため治療に関しても、一時的に何かをやって終わりと言うものではなく、長い期間をかけて状態を改善していく、または症状の重症化を防いでいくことを目的にして行われます。そこで重視されるのが生活習慣の改善です。そしてこれは、ガン、脳卒中、心疾患の成人病予防にも大きな役割を果たしています。つまり生活習慣の改善は、生活習慣病の治療、予防、そして生活習慣の予防にとっても非常に大切だと言うことです。塩分や動物性脂肪の過剰摂取は控え、心機能や血管をつよくするために適度な運動習慣を持つことが必要です。そして何より、体にとってダメージの大きい喫煙習慣は絶つことが重要です。
■生活習慣の乱れは胃の乱れ
ネキシウム